読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏ココチノ

ブログ名、変えました。どうでもいいこと書きます。メモ残します。

NPO魚沼ゆうき 山岸さんに聞きました(1)

NPO魚沼ゆうき代表 山岸勝さん

NPO魚沼ゆうきの代表 山岸勝さんのお話を聞いてから、2ヶ月が経ってしまいました。
インタビューというほどのものではなく、ただただお話を伺った、というものです。
ボイスレコーダーも使わず、ノートにとったメモ。
まとめようと思ったら、いつまでも公開できないので、少しずつアップしながらまとめていこうと思います。

いくつか、見出しは拾い出しました。

  1. 無農薬でのコメづくりを続けて、20年余り
  2. 無農薬栽培を始めたきっかけ
  3. 自然農法のコメのちから
  4. 自然農法のコメにかける夢

無農薬でのコメづくりを続けて、20年余り

山岸さんの田んぼがあるのは、旧 中魚沼郡川西町(現 十日町市)。
「魚沼産コシヒカリ」の産地です。

現在67歳の山岸さんが無農薬のコメづくりに取り組み始めたのは、平成2年のことです。
当時は、農薬を使うのが当たり前、それどころか、有人ヘリコプターを使っての大規模な農薬散布をよく目にするような時代でした。
そして、「魚沼産コシヒカリ」のブランドや国の食料政策もあり、まだお米が高く売れていた時代でした。

田んぼ1枚からのスタート

3反歩(約30a)の田んぼ1枚からのスタートでした。
ですが、翌年には農薬を使った稲作に戻ります。
しかし、平成4年に「無農薬コシヒカリ栽培」を改めて決意。
手探りで無農薬でのコメづくりに挑み始めました。 

農家の長男として、小さいころから農業の手伝いをしてきた、山岸さん。
「子どもん頃は、百姓が大っきらいだったんだけどねぇ」。

NPO魚沼ゆうきの誕生

平成8年には、仲間を募り「魚沼川西ゆうきの会」を始めます。
“ゆうき”は、“勇気を持って、無農薬有機のコメを作る”の意味を込めたそうです。
「勇気を持たなきゃ、始められないことだった」とおっしゃいました。

平成11年のJAS法改正により、有機農産物と有機農産物加工食品の日本農林規格(有機JAS規格)が定められることになりました。
「有機JAS」や「オーガニック」という言葉が、世の中でも聞かれるようになった頃でしょうか。

また、NPO法人(特定非営利活動法人)として活動していくことを勧められ、平成13年にNPO魚沼ゆうき設立となりました。

 

その情熱は、どこから?
無農薬でのコメづくりを始めたきっかけをお聞きしました。(つづく)